嘘をつく

  • HOME »
  • 嘘をつく

嘘をつく

何を言葉に出して何は心の中にとどめるか、言っていいことと悪いことを区別する能力は成長していくうちに自然と身についているものです。
対面して人と話す場合、相手の表情や目つき、または口調など、その人の感情を察しながら話すための判断材料は沢山揃っています。

何かの話題について話しているとき、相手が少々顔をしかめたら触れてはいけないことかもしれないと察するでしょう。
反対に穏やかな口調でにこやかな表情を浮かべているとすれば、話の内容に好感をもたれているだろうと予測を付けられます。

人との出会いを経験していく中で、こういったコミュニケーション能力は着実によりよく磨きがかかっていくことでしょう。
恋をしたときに相手に与える印象をどのようにするべきか、過去の経験則から判断して実行に移すという過程を無意識のうちにやり遂げています。

しかしこれは直接対話をできる状況にある場合です。
たとえばネットを介した繋がりなど、相手の表情や雰囲気を一切読み取れない状況だと話は変わってきます。
名前も顔も明かさず完全に匿名で意見を述べられるネットの場だと、思ったことを包み隠さず吐き出してしまう人がいます。
ネットの掲示板などを見て、いやな気分になったことのある人も中にはいるでしょう。
現実での会話であればまず出てこないようなひどい物言いでも、ネットだからこそ悪い印象を簡単に植えつけるような言動ができてしまうものなのです。

しかしネットと一概に言っても、出会いアプリのような場では極力自らをよく見せようという気持ちが働きます。
優良アプリであれば、実名公開が基本になっているところも多いでしょう。
しかし相手は直接会っているわけではない知らない人です。
少しでもよく思われるために見栄を張ったり、できもしないことを特技だと誇張したり、自信過剰が過ぎる印象を与えてしまう恐れもあります。

アプリの中だからこそ叩ける大口ではありますが、しかし実際に会ってみたときにそれとはまったく正反対の弱腰なタイプだったら相手はどう思うでしょうか。
ギャップがあって良い印象を受けるのは、二回目に受けた印象がより良いものだった場合です。
見栄を張ってそれが嘘だったとばれたとするなら、第二印象は一気に悪化するでしょう。
何事も自然体が一番です。
嘘もなく見栄もなく、自然な出会いを求めましょう。

PAGETOP
Copyright © 出会いアプリの底力 All Rights Reserved.